お金を貰いながらプログラミングを勉強する方法はあるのか

まずはじめに、この記事の対象者はプログラミング初心者&初級者です。

この記事の結論から言うと

「お金を貰いながらプログラミングを勉強する方法 = 会社でコードを書く」 になります。

さて、

「プログラマーとしてコードを書きたくない。趣味でコードを書きたい」

みたいな話はよく聞きます。

多分IT業界がブラックが多いのも一因ですよね、これ。
「自分のやりたい事」のためにコードを書き続けられたらそれは最高です。

その是非は置いといて、全くの未経験者が

「コードを書くことが全然分からない段階」

から

「趣味でプログラミングがバリバリ出来る段階」

になるには、誰も言わなくても大きな差があると思うでしょう。

もしこの差を手っ取り早く埋めたい、と思ったら

「会社でお金を貰いながらコードを書くこと」が一番早い道だと、僕は思います。

スポンサーリンク

プログラマーとして働くメリットは?

Rails, Kotlin,Python, Golang React×Redux, Vue.js
せっかくWeb界隈でプログラミングするなら、時流に乗ったナウい言語やフレームワークを使ってみたいですよね。(Railsはナウくはないですが・・・)

「技術なんてどうでもいい!給与面、福利厚生だけを重視してる!」

なんて人はWeb界隈には少数派なんじゃないかな、と思いますがどうでしょうか?

自分も未経験Webエンジニアとして就職活動する時には、技術面を気にしていました。

「どういう言語を主に使うのか?」
「社内で新しい技術を積極的に取り入れる風土は?」

そんなこんなもあり、今の会社に入社しました。
そして半年が経ちました。
思ったより多くの言語やフレームワークに実務で触ってると思います。

Ruby on Rails
Kotlin(Java)
React×Redux
Vue.js

ざっと並べると、ここ半年で上記の言語を実務だったりで触ってきました。
Ruby(Rails)しかやったことがない自分には、刺激が強すぎたレベルです。

現状、お金を貰いながらプログラミングを勉強させてもらっているような段階と言っても過言ではないです。
今はこのプログラマーとして働くメリットを最大限享受させてもらってる状態なのかな、と思います。

今まで”勉強”と言えばお金を払って勉強してきた人生ですが、今はお金を貰いながら勉強しています。う〜ん、新鮮。

何を使って目的を達成するか

テックキャンプエキスパートで就職相談をした際に、言われたことを思い出しました。

「エンジニアとして最初に入った会社で2〜3年力を付けるのも手。」

「そこからはある程度自由を持って自分の道を進むのはどうか?」

もちろん実際の面接で、

「めっちゃ勉強したいです!そのために入社させて!」

なんてことは言えません。当たり前です。

技術鍛錬をひとまずの目標として、「会社に入る」のも悪くない選択肢だと思います。

入ったら入ったで技術を追求するのも面白く感じてくるかもしれません。自分も少しそんな状態です。

ともあれ、技術の移り変わりが激しいWebエンジニア界隈で働く、というのはめんどくさいながらも面白いと思います。

まとめ

そんな事で「お金を貰いながらプログラミングを勉強する方法」は

「会社でコードを書こう」

という結論でした。

ただ、噂によると、入る会社を間違えると結構辛いことになるらしいです。

これがこの業界の悲しい所・・・