VirtualBoxを使ってサクッとMacBookでEdgeとIEをインストールする

Macユーザーでも「Edge」と「IE」を使いたい!

残念ながら、Macユーザーは通常「Edge」「IE」をインストールすることが出来ません。
しかし、仮想環境を作成することで可能になります。

これでWebアプリ作成中に「Edge」「IE」での動作確認が簡単に取ることが出来ます。

スポンサーリンク

Virtual box で EdgeとIEの環境を構築する

まずはMacで「Windowsの仮想環境」を構築するためにVirtual Boxをインストールします。

「brew caskコマンド」から入れることで、あっという間に完了します。

$ brew cask install virtualbox
$ brew cask install virtualbox-extension-pack
$ brew cask install vagrant

正しくインストールされているか確認

$ vagrant --version

windows10仮想マシンをダウンロードする

https://developer.microsoft.com/en-us/microsoft-edge/tools/vms/
上記から以下の画像を参考にしてダウンロード

zipファイルを解凍する&ovaファイルから起動

$ unzip ~/Downloads/MSEdge.Win10.VirtualBox.zip -d ~/Downloads

zipファイルの置き場所と解凍場所は各自で変更してください。

解凍したMSEdge - Win10.ovaファイルをダブルクリックして起動
その後の画面で「インポート」を選択

インポート後、「起動」ボタンから起動することが出来ます。(初回は時間がかかります。)

EdgeとIEを起動する

無事Windowsが起動したのでブラウザも使いましょう。
Edgeはショートカットアイコンがデフォルトで用意されています。

IEの方は隠れているので分かりづらいですが、左下の検索窓で「ie」と検索すれば見つかります。

これで「IE」と「Edge」を起動すること出来ました。
しかしこのままでは「localhost」にアクセスすることが出来ません。

ホスト側(Mac)のlocalhostに仮想環境上からアクセスする

仮想環境の「Edge」「 IE」上からmac上の「localhost」にアクセスします。

デフォルトの設定は「http://10.0.2.2」
「http://10.0.2.2:8080」のようにポート番号を各自で合わせればアクセス出来るはずです。

VirtualBox 内のゲスト OS からホスト OS にアクセスしたい / wakamsha/memo.md

ログイン or ログアウトする際のユーザー情報

virtual box上のWin環境での「ユーザー」と「パスワード」情報はデフォルトでは以下です。

ユーザー: IEUser
パスワード: Passw0rd!

[modern.IE] 仮想環境のユーザーパスワードについてのメモ / 零弐壱蜂

Windows環境の日本語化をする

デフォルトでは英語なので日本語化しましょう。

左下のwindowsマークをクリック後、設定ボタンをクリック

「Time & Language」をクリック

日本時間を設定する

まず先に時間の調整をします。「Date&Time」をクリックします。

下記のように 「TimeZone」をTOKYOに設定します。
「Date&Time」の設定項目はこれだけです。

言語を英語から日本語にする

一つ前の画面に戻り、「Region&language」を選択します。

まず、「Country or region」の項目を「Japan」に変更します。

「Preferred language」から 「Add a language」を選び下記の画面に移動します。

そして「日本語」をインストールします。

不要なものはチェックを外しておきます。

これで設定は完了しました。この設定を反映させるために一度再起動します。
ログインする際のパスワード:Passw0rd!

無事再起動が完了すると日本語化されています。

日本語入力も出来ます。

キーボードの違い

デフォルトのままMacでのキー操作をすると、キーバインドが異なるため思ったように文字が打ち込めません。
主要な文字は以下のように打ち込みます。

コロンの出し方

shift +「+」

アットマークの出し方

shift + 「2」

ダブルクオーテーションの出し方

shift + 「*」

アンダーバーの出し方

shift + 「=」

MacのVirtualBoxで起動したWindowsで:や@が出せない場合の出し方 / ハックノート

更に便利に使いたい方はキーバインド設定ソフトを使用しておくと良さそう。

双方向のコピー&ペーストを可能にする

デフォルトでは仮想環境上に双方向でのコピペが出来ません。

以下の設定を行うことで可能になります。

Virtual Box起動→「設定」→「一般」→「高度」→「クリップボードの共有」双方向に変更

まとめ

これでMac1台の中でWindows環境を作成し、「Edge」「IE」を使うことが出来ました。

とても便利に作業が行えるようになりました!

おわり