なんかの体験談

ワイヤレスイヤホン WF-1000XM5を丸ごと紛失した時には

SONY WF-1000XM5

今回はワイヤレスイヤホンのWF-1000XM5を片方だけ無くす、といった話ではなくケース丸ごと全部紛失した。

何処で落としたかの検討も全くつかない。ではどうやって探すか?一から調べてみた。

 

 

ケース閉じたらこんなにコンパクトだし。

SONY WF-1000XM5

スポンサーリンク

「デバイスを探す」で探す

Android上で「デバイスを探す」アプリを使って探す方法。最後にイヤホンを接続した時間と場所が分かる。

Google Fast Pair で接続していないと「デバイスを探す」は使えない

盲点なのが「WF-1000XM5」は接続方法に「Google Fast Pair」でペアリングさせないと「デバイスを探す」を使用することが出来ない。

つまり以下で接続が必須

google fast pair

https://www.sony.jp/support/headphone/howto/wf-1000xm5/bluetooth-connect.html

この方法以外で接続するとどうなるか?

 

デバイスを探すに出てこない状況になる。

 

WF-1000XM4は特に気にしなくて良かったのだが、WF-1000XM4はうっかり普通のペアリングで接続してから「デバイスを探す」を立ち上げてもまったく使えないことになる。

「デバイスを探す」に登録してさえすれば、最低限最後に接続した場所さえ分かるので手助けになるが今回は使えない。

「デバイスを探す」でオフラインのイヤホンを探せる?

もし「Google Fast Pair」で接続できたらデバイスを探すアプリでWF-1000XM5の位置情報を取得できる。

「オフラインのデバイスを探す」の説明には以下のように書かれている。

デフォルトでは、デバイスは [トラフィックの多いエリアでのみネットワークを使用] に設定されているため、暗号化された最近の位置情報が Google に保存され、Android デバイスのクラウドソース ネットワークの一部として、自分と他のユーザーのオフラインのデバイスを検出できるようになります。この設定は次の方法でいつでも変更できます。

ステップ 4: オフラインのデバイスと電源が切れているデバイスを見つける

これだけ見るとイヤホンも探せそうと思うが、残念ながらまだオフラインのイヤホンデバイスの探すは対応していない。

BLやソニーなどが対応するヘッドフォンでFind My Deviceネットワークを利用可能にするソフトウェア・アップデートの近日中の提供を予定している。

とあるのでWF-1000XM5も対応してくれるのだろうか?もう少し待ってみる。

Firehawk 私を見つける ブルートゥース デバイス(Find My Bluetooth Device)

調べてたら見つけたアプリ。近場にあるBluetoothデバイスを見つけてくれる。

こんなかんじ。

近くにあるデバイスのBluetoothアドレスが一覧表示される。

もし家の中とかでBluetoothデバイスを紛失してた場合はこれで見つけることが出来る。

ケースを閉じた状態では検索できない

が、WF-1000XM5の場合はそもそもケースを閉じた状態では検索に引っかからない。

今回のようなケース丸ごと閉じた状態で紛失した場合は役に立たない。

片方だけ紛失の場合は引っかかるとのこと。

残念。

古典的方法で探す

自分が落としたと思われる場所、施設に電話して落とし物がないか聞く。

実際に出向いてひっそり置かれてないか確認する。

 

ない。悲しい。

SONYの有償保証プラン「ヘッドホン ケアプランワイド」

WF-1000XM5が入れる有償の保証プランは一元化されて「ヘッドホン ケアプランワイド」というものになった。

https://www.sony.jp/headphone/store/special/headphone-careplan/

内容は上記の通り。

当然のことだが、片方紛失 or 故障の場合のみ保証対象となる。

今回のように丸ごと全部紛失した場合は保証対象にならない。これは有償プランに入ってなくても同じ。

 

つまり今回の場合はもう1回新しく買うしかない。

教訓

本体が限りなく小さくなったのでそもそもなくさないようにしなければダメだった。

イヤホン本体が3万もするので丸ごとなくすとダメージではデカい。泣きたい。しくしく。

WF-1000XM5のケースはとにかく小さいので目立たせる

巨大キーホルダーを付けてとにかく目立たせる。

 

 

こうした。

せっかくAmazonでカラビナ付きの「WF-1000XM5用シリコンケース」を買ったので有効活用する。

ちなみにAmazonで売ってる中華製シリコンケースはどれを買っても大差ないと思われるので安いのを買おう。

Google Fast Pairで接続する

こちらで接続すること。絶対。

そうすればオフラインデバイス検索で他のAndroid端末がイヤホンの位置を教えてくれる可能性がある。

google fast pair

https://www.sony.jp/support/headphone/howto/wf-1000xm5/bluetooth-connect.html

別のスマートトラッカーを使う

AirTag」や「Tile」「Eufy」のようなスマートトラッカーを付けて追跡可能にする。

万全の体制にするなら。お金もかかるので悩みどころではある。

ただ、ここらへんはAndroidの「オフラインデバイスを探す」がイヤホンにも対応してくれれば必要なくなるかもしれない。

まとめ

最低限Google Fast Pairで接続してデバイスを探すに登録しておくようにしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました