MacBook Proで 念願の「トリプルディスプレイ」環境を作る

最近は自宅での作業環境を整えています。

直近では「モニターアーム」を導入して
「MacBook Proを使ったデュアルディスプレイ環境」を整えてきました。

前々から自宅のPC環境に「モニターアーム」を導入したい、と思ってたのですが、ようやくその時が来ました。 というのも、現状の環境がこんな感じでした。 モニターの位置の関係...
会社で支給されているMacBook ProがUSBが「Type-C」のモデルになりました。 そして今まで存在したHDMIポートが同時に消滅しました。 これの一番の不満点は、H...

そして今回が最終段階。

MacBook Proでの「トリプルディスプレイ環境」

を整えていきます。デュアルの次はトリプルということでやっていきます。

スポンサーリンク

トリプルディスプレイ環境(完成形)

完成形はこんな感じです。

デュアルディスプレイ化

MacBook Proは2016年からUSBが「Type-C」で完全に統一されてしまいました。

そのため、HDMIをケーブルを直接接続する事が出来ません。
と、いうことで前回の「デュアルディスプレイ化」にはこちらの変換アダプタを買いました。

7000円オーバーという高めの設定ですが、その分「安定感」と「安心感」はあります。
現状で動作に関しては大変満足してます。

こちらを購入して接続することで無事「デュアルディスプレイ化」は完了しました。

トリプルディスプレイ化する

「デュアルディスプレイ」のみであれば、Apple純正のマルチアダプターだけで済みます。

しかし「トリプルディスプレイ」にするのであれば、更に変換アダプタが必要になります。

結果的に買ったのがこれ

「Amazonベーシック USB 3.1 Type C to HDMIアダプター」

今回は純粋にHDMIだけ接続が出来て、かつ「安さ」も求めて探しました。

Apple純正のマルチアダプタは「USB-C」「USB」「HDMI」と3種類の変換に対応していますが、こちらはHDMIのみを行う変換アダプタです。

その分値段も安い。2000円ちょっとで買えます。

トリプルディスプレイ設定方法

接続方法はこんな感じでやってます。
「USB-TypeC」のポートにアダプタを2つ付けています。

ちなみに、MBPの「USB Type-C」のポートは2つだけです。
ディスプレイ接続用のアダプタだけで専有している形となります。

そのため、充電ケーブルを上のようにマルチアダプタに接続しています。

「安いからHDMI専用アダプタを2つ買ってトリプルディスプレイにしよう!」

という感じで買ってしまうと、「充電が出来ない!」という事になるので注意が必要です。

ディスプレイの配置

トリプルディスプレイにすると作業範囲が増えます。自分好みの配置に変えましょう。

「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」

基本的に実際の配置と同じにした方が良いと思います。

自分はディスプレイの前にMBPを置いて作業しているので、以下のような設定にしてます。

トリプルディスプレイ化まとめ

純粋に作業スペースが増えて大満足。

固定の表示スペースが確保されることで、億劫な画面の切り替えをすることが減りました。

難点は

「もう画面一枚では満足出来なくなってしまう」というぐらい。

初期投資する価値は十分にあり、ひとまず満足しています。

おわり。