スポンサーリンク
技術関係

Macでコード書く ツール導入 環境設定

Mac購入 すぐやること 環境設定 初期設定
Macを買ったときやクリーンインストールした時など、 「何もない状態から初期設定する時」 の個人的やることリスト。 M...

基本編は終わったのでプログラマー的環境構築を行う。

個人的やることリスト。

 

気付きがあれば適宜増やします。

スポンサーリンク

環境情報

MacOS Catalina 10.15.3

iTerm2のインストール

MacデフォルトのターミナルからiTerm2に乗り換える。

以前書いた記事がこちら。

Macのデフォルトターミナルをなんとなく使ってる人へ 「iTerm2」を導入して世界を変えよう。
Macのターミナルアプリってデフォルト設定だと、なんだか見づらくないでしょうか? 何も変更してなければこんな感じだと思います。 う〜ん。とて...

Homebrewのインストール

xcodeを別でインストールする必要がなくなった。コマンド1発でいける。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

$ brew --version
Homebrew 2.2.9
Homebrew/homebrew-core (git revision d7cd1; last commit 2020-03-06)
Homebrew/homebrew-cask (git revision 71d67; last commit 2020-03-07)

 

homebrewでgitのインストール

常に最新版のgitにするため、homebrewからインストール。

// インストール前
$ git --version
git version 2.21.1 (Apple Git-122.3)
$ which git
/usr/bin/git

$ brew install git

// 念の為
$ brew link --overwrite git

// インストール後
$ git --version
git version 2.25.0

$ which git
/usr/local/bin/git

うまく変更されてなかったらターミナルを1回閉じてから試す。

 

SSHキー作成

とりあえずGitHub用に作成する。

$ mkdir ~./ssh
// パスを指定しなければ現在のディレクトリでsshKeyが作られる。
$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "自分のメールアドレス"

GitHubとの接続設定

GitHubに登録するためコピー

$ pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

 

GitHubに登録後、接続できるか試す。

$ ssh -T git@github.com

 

複数のGitアカウントを使い分けている場合は勝手が違うので~/.ssh/configで設定を書く。

HostとIdentityFile(SSH鍵)を振り分ければいい。

// User Port HostName は固定値(変更すると接続できない)
Host github.com
  User git
  Port 22
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

Host github-tomuziso
  User git
  Port 22
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_tomuziso_rsa
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

 

 

接続確認はこんな感じになる

$ ssh -T git@github-tomuziso
$ ssh -T git@github.com

 

 

複数アカウント使い分けるときはremoteのアドレスに留意する。

リポジトリのlocal設定の場所は .git/config

[remote "origin"]
url = git@github-tomuziso:tomuziso/spring-boot-demo.git
fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

意図していないアカウントでcommitとかはしないように確認する。

 

Gitで日本語ファイルをエスケープされずに表示させる

// globalに設定を追加する。
$ git config --global core.quotepath false

globalのパスは~/.gitconfig

localのパスは.git/config(リポジトリディレクトリの)

Joplinのインストール

Markdownで書けるメモ帳アプリ
https://github.com/laurent22/joplin

 

 

元々Kobitoを使っていて気に入ってたもののサポートが切れてQuiverに移行しました。

しかし、Quiverはいまいちしっくり来なかったのでJoplinにしました。

同期機能も便利だし、基本的なエディタ機能もQuiverも使いやすいと思ってます。

SourceTreeのインストール

 

Gitツール
https://www.sourcetreeapp.com/

 

基本的にGitコマンドを使うが、差分とか見るときはこっちの方が圧倒的に見やすい。

Docker Desktop for Mac のインストール

Dockerを入れる。
https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac/

 

いつの間にかアカウントを作らなくてもDocker自体は使えるようになっていた。

Sequel Proのインストール

SQLクライアントツールを入れる。
https://www.sequelpro.com/

 

GUIでゴリゴリ触れる。

IntelliJ IDEA

メインで使っているエディタ。
https://www.jetbrains.com/idea/download/#section=mac

 

 

最初に設定することリストは別記事で書きました。

「Intellij IDEA」をインストール 次にやること
Intellij IDEAをインストールして最初にやっておくと捗る個人的設定リスト。 Koltin使ってるので人によっては参考にならない箇所もあるかも。 ...

Postmanをインストールする

API開発ツールの「Postman」を入れる。
https://www.postman.com/

アカウント作ってログインすると別PCとの同期が取れたりするのでおすすめ。

 

Java SE Development Kit 8(JDK8) のインストール

いつの間にか下記の用にOracleプロファイルの登録が必要になってます。
https://www.oracle.com/java/technologies/javase-jdk8-downloads.html

 

 

これを登録しないとダウンロードできないしんどい仕様になりました。

A5:SQL Mk-2 をインストールする

ER図を書いたりSQLを作成したり便利なツール。

Wineを使ってA5:SQL Mk-2を使えるようにします。

MacOS Catalinaで「A5:SQL Mk-2」をWineを使って簡単に使用する方法
以前「A5:SQL Mk-2」をEasyWineを使って動かす方法を紹介しました。 しかしMacOSがCatalinaになり、Wineで3...

 

 

おわり

参考

Gitを使い始めたら一番最初にやりたい git config設定メモ / ねこの足跡R

Joplin ことはじめ / @isann_tech

コメント

タイトルとURLをコピーしました