「Amazonベーシック」のデュアルモニターアーム(K001395)を取り付ける(学習机)

前々からモニターアームを取り付けたいと思ってたのですが、ようやくその時が来ました。

というのも、現状の環境がこんな感じでした。

モニターの位置の関係で、MacBookAirを開くと完全に画面が被って見づらい・・・

机のスペースの関係でもう横に幅は取れないので、アームを取り付けて縦方向に自由にモニターの位置を動かしたかったのです。

と、いうことで買ったのはこれ。「Amazonベーシック」のデュアルモニターアーム

これをみんな大好き「学習机」に取り付けていきます。

スポンサーリンク

なんでこれを買ったの?

レビューを見ると、どうやら「エルゴトロン」のOEMの商品らしいです。
「ブランド名は違うが製造元が同じ」なので、安く本家と同品質のものが手に入るわけです。

「品質は求めたいけども安く済ませたい」というニーズに答えてくれるのが決め手でした。

ちなみに本家のエルゴトロンのアームはこちら。
4万近くするので値段が倍程違いますね。

Amazonベーシック モニターアーム K001395 が届く

こんな感じ届きます。5kg超あるので結構重い。

アームの部品はそれぞれ重厚感がありしっかりした造りでした。

早速、学習机に取り付けてみよう

学習机に取り付けていきます。アームの固定方法はクランプ式です。

クランプ式とは

clamp

動詞 他動詞
1〈…を〉かすがいなどで締める,留める 〈together〉.
2a〈…を〉きつく[ぎゅっと]締める.

締め金を回して固定していくわけです。

今回取り付けるのはこんな箇所。

厚みも奥行きも4cmあるかないかぐらいです。

厚みは問題ないのですが、奥行き4cmだと結構厳しいです。

ガッチリ挟み込むにはもう少し奥行きが欲しい感じ。

こちらを見れば分かると思いますが、締め金の「回す部分」が少し大きめです。

ガッツリ挟み込んでしまうと回せなくなってしまう設計になってますね・・・。
奥行きに余裕がない場合はちょっと困ります。

取り付け後の感想

意外と組み立て自体は簡単です。

思ってたより組み立ては簡単でした。

ただ、部品の重さもあるので、取扱は慎重に。
特にモニターマウント後の取扱いは結構重いし気を使います。

アーム位置調整方法が分かりづらい

六角レンチでアームの動きを調整するのですが、微調整や回す方向で時間取ります。
「気がついたら逆方向に回していた」なんて事をしてました。

また、ディスプレイ取り付け前に位置調整をしても動かないので徒労に終わったりします。

なんかもっと調整がしやすいといいかも。

学習机でもちゃんと安定感が出た。

「厚さ4cm奥行き4cm」でも無事取り付けられました。

もちろんもっと奥行きがあれば安定感は増すと思います。
ただ、現状でも無茶な使い方をしなければバッチリ使えます。

びふぉーあふたー

Before

After

こんな感じでディスプレイを縦にすることも出来ます。

ちなみにディスプレイは三菱の「RDT233WLM-D」と「RDT233WX-Z」

どちらもVESAマウントに対応。対応してないとアームに取り付けられないのでご注意。

まとめ

買ってよかった!QOLが上がった!作業効率が上がった!