なんかのレビュー

【選び方】間違って転送速度の遅いUSB-Cケーブルを買わないようにするには

USBのインターフェース一覧を見てみるとUSB3.2で転送速度が一番速いのは「USB3.2 Gen 2×2」です。

しかしこのUSB3.2 Gen 2×2の規格のケーブル、なかなか売ってるのが見当たりません。今回はその「USB3.2 Gen 2×2のType-Cケーブル」を探します。

 

スポンサーリンク

USB3.2 Gen 2×2のType-Cケーブル探し

Amazonで探してみるも「USB3.2 Gen 2×2」のケーブルはあまり選択肢が多くはない。「USB3.2 Gen 2」でも 「Gen 2×1」だったりすることが多い。

ただ、これ旧名称と新名称がごっちゃになっている可能性もある

2019年に名称が以下のように変更された。

  • 旧: USB3.0 ->            新: USB3.2 Gen 1×1
  • 旧: USB3.1 Gen 1 ->  新: USB3.2 Gen 1×1
  • 旧: USB3.1 Gen 2 ->  新: USB3.2 Gen 2×1
  • 旧: USB3.2 ->             新: USB3.2 Gen 2×2

この対応表で分かることは少なくとも「USB3.2 Gen 2」というワードが検索するには適している。ということ。

USBのインターフェースと転送速度

改めて見てみますが、USB3.2 Gen 2×2はUSB3系でトップの転送速度を誇ります。

USB4は一旦除外するとUSB系最速の規格になります。

名称 転送速度(MB/s)
USB2.0 60MB/s
USB3.2 Gen 1×1 625MB/s
USB3.2 Gen 1×2 1,250MB/s
USB3.2 Gen 2×1 1,250MB/s
USB3.2 Gen 2×2 2,500MB/s
USB4 20Gbps 2,500MB/s
USB4 40Gbps 5,000MB/s

USB3.2 Gen2でも 2×1と2×2は倍の転送速度の違いが出ています。

「USB3.2 Gen 2」だけ書かれていても要注意

以前自分が充電器を購入したUGREENのケーブルも商品説明に

「USB3.2 Gen 2」

と書いてあるが転送速度が「10Gbps」と書いてあるので「Gen 2×1」のようだ。

Ankerの安いType-CケーブルはUSB2.0

また、Amazonで一番売れてるケーブルAnkerのType-Cケーブル

こちらも明記されてないがデータ転送と充電だけ出来るUSB2.0のケーブルである。

インターフェース名が書かれてないとUSB2.0の場合が多い。

 

ちなみに「USB3.2 Gen 2×2」のケーブルはType-C以外のインターフェースでは存在しない。

UseBeanのUSB3.2 Gen 2×2のType-Cケーブルを買った

ということでたどり着いたのがUseBeanのUSB3.2 Gen 2×2のType-Cケーブル(CM005-2M-RI-GY-US)

今回は2mのケーブル、かつL字プラグを探していたので更に選択肢がなかったがようやく見つけることが出来た。

 

 

保証書

 

 

プラグにはちゃんとカバーが付けられていた。

 

 

L字プラグ

 

 

Anker PowerLine III Flow USB-C」と比較すると取り回しはしにくいがこれはしょうがない。

「USB3.2 Gen 2×2」のケーブルでそんな上等なものは存在しない。

 

 

2mケーブルなのでこのぐらいの長さはあります。

 

 

無事付けられました。動作も問題なさそう。

まとめ

「USB3.2 Gen 2×2」のケーブルはそもそも数が少ないので選択肢はあまりないです。

名の知れていない中国のメーカーのケーブルが多いですが、今回買ったケーブルに関しては問題なく使えて一安心。やったね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました