Rubyの「後置if」は「ifの評価」が戻り値

これが結構理解したつもりでも、次に使う時に忘れてたりするのでメモ 特に返り値を利用する時に勘違いしていると大変だったりした。初心者だと躓くポイントかもしれない。 環境情報 ...