『プロになるためのWeb技術入門』で基礎知識固め

読みました。『プロになるためのWeb技術入門』 (著)小森裕介

色々な所でオススメされており、Amazonでも高評価されていたので以前から興味がありました。

内容としては、Webエンジニアとしては絶対に押さえておきたい知識が、

「読みやすく優しく」

書かれています。この「読みやすく優しく」という点がポイントだと思います。

「Webエンジニアを目指す方」や「Webエンジニア1年生」に薦められている理由がよくわかります。

では絶対に抑えておきたい知識とは?

次の質問にばっちり答えられる人は多分読まなくても大丈夫です。
早速見てみましょう。

スポンサーリンク

どういう人が読むべきか?

「SessionとCookieってどういう仕組みで動いているの?」

「HTTPの仕組み(GETとPOSTは何がどう違うのか?)」

「Webサーバとアプリケーションサーバって何が何をしているの?」

「MVCモデルってどういう思想?」

「代表的なWebアプリの攻撃方法とその対策は?」

ざっと5つ上げました。
これらの1つでもうまく説明できないのであれば、当書は読む価値があります。

抜けがちな基礎知識を「Webの成り立ちから体系的に学べる」のが最大のメリットだと思います。

「Webの基本ってこういうことか〜〜〜なるほど〜〜〜」

と読み終わった後なることでしょう。

ちょっと気になった点

気になる点を一つ上げてみます。

「Lesson6を読むにはJava知識があった方がいい。」

当書で紹介していくWebアプリケーションの説明では言語的にはJavaがメインです。
基本的に優しく書かれており、Java未経験でも読み進められます。軽いHTMLタグの知識さえあればサクサク読んで行けるでしょう。(言語の細かい説明はほぼないので)

しかし、Lesson6に入ると「Javaのコード」がずらずらとページには並んでおり、言語的な補足もないという構成になってます。

個人的な当書の特徴としては、

「コードを写経しながらガッツリ読み込んでいく」

というよりも

「知識を付けるための読み物」

とした構成の印象が残ってます。

だからこそ

「言語的な疑問点(Java)がなるべくない状態で読んでいく」

方がよりキレイに頭に入ってくるのではと、感じました。

その点を踏まえると、Java完全未経験だと「広く浅く」という印象で留まってしまうかも?という感じてしまうかもしれません。

まとめ

エンジニア経験1年弱の自分も

「Webの周辺知識のなさ」

に不安を抱えながらも、どう学ぼうか悩んでいた時もありました。

堅苦しくなく気軽に「Web技術入門」として学んでいくのであれば、当書は十分役立つと思います。

おわり