レビュー

シーリングライトを「アイリスオーヤマ CL6D-5.0」から「NEC HLDZ06209」に買い替えた話

今回はシーリングライトの話。いわゆる照明器具です。

好きな人はGoogle HomeやAmazon AlexaみたいなAIスピーカーと連携させたりするらしいですが、現状自分は興味ないのでただ設置出来れば良い派です。

そんなこんなでまず、アイリスオーヤマのシーリングライト「CL6D-5.0」を購入してみました。

AmazonでもベストセラーTOP3にはいつも入ってるような超人気商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイリスオーヤマのシーリングライト「CL6D-5.0」

さてこれの何がイマイチだったか。

それはリモコンがとにかく反応が悪い。そしてそのうち全く反応しなくなる、ということ。

Amazonのレビューにもありますがリモコンの耐久性が悪いです。

もちろん買った当初は問題なく使えるのですが、だんだん反応が悪くなっていき最終的には使えなくなります。

リモコンの型番は「R5.0-D」というもの。コンパクトではあります。

格安であるが故に

もちろんこのシーリングライト自体格安であり、リモコンに対してコスト削減というのは理解できます。

が、あまりにも壊れやすい。

4つ同じシーリングライトを購入したのですが、4つ中3つが3年経ってまったく使えなくなりました。

照明自体には不満があるわけではないので残念ですし、本体が安いのでリモコン単独で取り寄せても割高感があります。

NEC LEDシーリングライト HLDZ06209 に乗り換えてみる

リモコンがしばらく使えない生活に不便を感じたのでNECのシーリングライトを買ってみました。

これまたAmazonでは人気上位。アイリスオーヤマのCL6D-5.0よりは1000円ほど高いぐらい。

 

 

ホタルクスへ

 

 

まぁ至って普通です。

 

 

カバーを付けないで点灯した様子。

取り付け完了

いい感じに取り付けられました。普通。

CL6D-5.0はこんな感じ。

比較するとHLDZ06209の方がカバーは分厚いです。CL6D-5.0は横から見るとスリム。

リモコンの大きさが違う

魅力的なのはリモコンの大きさ(RE208)

左: HLDZ06209 右: CL6D-5.0

大きく目立つのと、リモコン自体の質感も「RE208」の方が高いです。

「R5.0-D」はコンパクトすぎて家の中で行方不明になることが多かったです。

 

 

リモコン自体が大きいため蛍光色も目立ちます。

まとめ

とりあえずリモコンの質自体はまだ使ってから日が浅いためなんともいえないのではあるが、サイズ感と質感共にいい感じ。

照明の色味自体はそこまで変わらないが、NECの方が若干落ち着いている感じを受けました。

 

とにかくアイリスオーヤマはリモコンさえケチらなければ覇権を取れてたのに・・・と思いました。
照明の機能自体は4年フル稼働しても壊れる様子はありませんでした。

値段が安いのに釣られてしまうと後々の生活の満足度も下がってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました