雑記

Google Adsenseの税務情報の居住者証明に運転免許証の写真が使えるのか?

Google Adsenseのお支払い -> お支払情報のページにこんな警告が出ることがある。

「お支払いが遅れることなく、税金の源泉徴収も適切に行われるようにするために、できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください。」

このような警告が出ていた場合、税務情報を提出するよう対応する必要がある。

シンガポールの税務情報を記入する

早速、指示にしたがって入力する。

  • 「業種」
    • 「個人の運営者」を選択。
  • 「シンガポールに恒久的施設を所有していますか?」
    • 「いいえ」を選択
  • 「海外ベンダー登録制度に基づいて、シンガポールの物品サービス税(GST)に登録されていますか?」
    • 「いいえ」を選択

 

シンガポールの税務情報はとりあえずこれでOK

税法上の居住地を記入する

シンガポールの税務情報は対応簡単だがここは少し問題。

居住者証明を添付する必要がある。

  • 税法上の居住国/地域を選択します
    • 「日本」を選択

 

居住地の証明ってなんだよ

説明を見てみるとこんなことが書いてある。

有効な税法上の居住地の証明書は通常、次の要件を満たしている必要があります。

  • 地域の税務当局の認可を受けている
  • 租税条約の目的のためその国の納税者であると明記されている
  • 税法上の居住地の証明書の有効期間が明記されている

正攻法で行くには税務署で居住者証明書を発行してもらう必要がある。

ちょっと面倒・・・

居住者証明に運転免許証の写真コピーでいけるかどうか

あまりに面倒なので他の方法がないか調べて見ると運転免許証で代用すればいけるという情報を聞いた。

さっそく試すために以下を記入。

  • 「ドキュメントの種類を選択」
    • 「その他の書類」を選択肢、免許証の表面を写真撮ってアップロード
  • 「この書類に有効期限はありますか?」
    • 免許証の有効期限を記入

上記で送信。これで通ればすればうれしい。

完了するとAdsenseからメールが来る

2通メールが来る。1通目は税法上の居住地における税務情報のメール。

もう1通はシンガポールにおける税務情報のメール。

シンガポールの税務情報の審査結果

こちらは申請後即受理承認された。約1日。

改めて

Google Adsenseのお支払い -> お支払情報

ページを見てみるとこんな表記がある。

 

シンガポールの税務情報はステータス承認済みに。

シンガポールの税務情報は簡単に対応することが出来ました。

 

 

なお、税法上の居住地は審査に時間がかかる模様。

税法上の居住地の審査結果

運転免許証の送信から約2週間経って結果メールが届く。

「お客様が提出された書類を確認できませんでした。税法上の居住地における税務ステータスを承認するには、追加の税務情報が必要です」

 

はい。駄目でした。

税法上の居住地における税務情報の居住者証明に運転免許証は使えないようです。

残念。税務署に居住者証明書を取りに行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました