雑記

SDカードを買う時に見るべき転送速度と規格の一覧表を作った

SDカードを買う時に困るのが規格が多すぎて何がすごいのかが分かりづらいこと。
大抵どれを選べばいいかに迷ってとりあえず雰囲気で良さそうなのを買ってしまう。

次に買うときはちゃんと識別出来るように規格を一覧にして整理してみる。これを読めばもう困らないはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SDカードのインターフェース UHS(Ultra-High Speed)

SDカードのUHS(Ultra-High Speed)と呼ばれる仕様での最大転送速度。

一般的によく見かけるSDカードは大抵UHS-1。

理論上の最大転送速度
UHS-1104MB/s
UHS-2312MB/s
UHS-3624MB/s

 

 

紛らわしいのがこれはインターフェースでの最大転送速度ということ。

UHSの転送速度は転送モードによって変わる

インターフェースでの転送速度をそのまま受け取ってはいけない。大事なのは「UHS」の転送モード。
UHS-1でいうと、理論上の最大転送速度は104MB/sだが、すべてがそうなわけではない。

UHS-1の転送モードによって最大値は変わってしまう。

最大転送速度
SDR1212.5MB/s
SDR2525MB/s
SDR50/DDR5050MB/s
SDR104104MB/s

転送モードによって最大転送速度は全く違うものになる。

しかし、この転送モードの規格は商品を選ぶ時にあまり参考にならない。
転送モードは記載されていなく、商品説明欄に「最大転送速度XXMB/s」と記載されてることが多い。

なので、最大転送速度を気にするならば転送モードで検索をかけず、実際の商品の説明を見た方がいい。

最大転送速度の例外

一部例外があって、SanDisk Extreme PRO というシリーズのUHS-1が規格を限界突破した170MB/sを誇る。

UHS-2対応の物を買う以外では最速の転送速度だが、カードリーダーも専用を用意しないと速度は出ない。

SDカードのスピードクラスの規格は3つもある

SDカードの最低保証速度を表すのがスピードクラス。

最大転送速度がいくら早くても、たまに遅くなる時があったら使い物にならない。

特に動画撮影などは連続して書き込むので最低限必要な転送速度は必須になる。
しかし規格は3つもあり商品名に併記されていることが多い。一つづつ見ていく。

SDスピードクラス

よく見かける「Class10」みたいなものがこれ。

最低保証速度
Class 22MB/s
Class 44MB/s
Class 66MB/s
Class 1010MB/s

 

大抵「Class10」と記載されているものが多い。それ以下はあまり見かけない。
また、「C10」などと省略されて表記されている場合もある。

UHSスピードクラス

UHS-1とUHS-2のインターフェースに対応する製品に使われているのがこのUHSスピードクラス。

スピードクラスが色々あって分かりづらいが、これも最低保証速度を表している。

最低保証速度
UHS Class 110MB/s
UHS Class 330MB/s

 

「UHS Class 3」に関しては最低保証速度が30MB/sあり、SDスピードクラスのClass 10より3倍の最低保障速度を誇る。

商品説明では省略されて「U1」「 U3」のように表記されていることが多い。例えばClass 3の商品だとこんな感じでU3表記。

Class 1の商品だとU1表記。当然だがU1の方が安い。

ビデオスピードクラス

まだスピードクラスの規格は存在します。それがビデオスピードクラス。

4Kを超える8Kなどの高画質動画が登場してこのビデオスピードクラスの存在感が出てきました。

最低保証速度
V66MB/s
V1010MB/s
V3030MB/s
V6060MB/s
V9090MB/s

規格上最高のV90はなんと最低保証速度が90MB/s。SDスピードクラスのClass 10と比較すると9倍。

その分値段もかなり高いです。現状プロ以外は使わないでしょう。

SD, SDHC, SDXC, SDUCの違い

ひとまず転送速度は置いておいて番外編として容量を見てみる。

最大容量
SD2GB
SDHC32GB
SDXC2TB
SDUC128TB

よくSDカードと言うが、規格としてのSDは最大2GBまで。

SDXCは2TBまでで、SDUCに至っては規格上は128TBまである。すごい。

全スピードクラスの転送保証速度一覧

話を転送速度に戻します。

SDスピードクラス、UHSスピードクラス、ビデオスピードクラスを合わせた一覧がこちら。

最低保証速度
class22MB/s
class44MB/s
class6 & V66MB/s
class88MB/s
class10 & U1 & V1010MB/s
U3 & V3030MB/s
V6060MB/s
V9090MB/s

これを見ればもう最低保証速度で悩むことはなさそう。

普段使いであればU3 or V30の規格を選べば困ることはないはず。
V60、V90は一般的用途では必要ないし値段も高い。

まとめ

  • SDカードを買うときはまず最大転送速度を見る。
  • その後に最低転送保証速度の規格を見る。規格が複数あるが、1つの規格を見れば十分。

参考

わかりやすい UHS-Ⅰ 速度の違い / HSGI DELKIN SHOP

スピードクラス規格/動画撮影のための規格 / SD Association

UHS-Iで170MB/s読込みに対応したSanDiskのSDカードとリーダーを試す / ぬぼぼ

UHS 【Ultra-High Speed】/ IT用語辞典

コメント

タイトルとURLをコピーしました