レビュー

「USB Type-C to Display Port」「iVANKY」のケーブルを試してみる

今使ってるディスプレイがこれ。Dellの「U2720QM」

「Dell U2720QM 27インチモニター」で4Kデビュー。USB-C入力対応ですごくいい、とてもいい
U2720QMを個人的に買う理由は2つありました。 それは「USB-C入力対応」と「USB Power Delivery」の2つ。 つまり、USB-Cケーブル1本だけでマルチディスプレイ化もできるようになる! 更にUSB-Cケーブル1本で給電(90W)も兼ねている! という機能が魅力だったからです。

入力端子は

  • Display Port x1
  • HDMI x1
  • USB-Cアップストリームx1

となっていますがHDMIとUSB-Cを専有してしまったため、急遽Display Portのケーブルが必要になりました。

Display Portなんて変な規格作らずにHDMIだけにしてくれ・・・と一度は思ったりします・・。

スポンサーリンク

Display portケーブルを探す

Amazonで探すときの一番の問題

  • DisplayPortケーブルというカテゴリが存在しない

HDMIとかのケーブルと比べて市民権を得てないものの宿命。

 

仕方がないので検索を頑張ってみる。

 

種類としては多いのは

  • 「DisplayPort to Display Port」
  • 「HDMIをDisplay Portに変換するアダプタ」

 

今回欲しいUSB-Cで入力してDisplayPortで出力できるケーブルはなかなか見当たらない。

iVANKY USB C DisplayPort 変換ケーブル JPIVANKY-C34

やっと見つけたのが「iVANKY」というメーカーのケーブル。どうやら中国の会社らしい。

基本的に名も知らないメーカー以外の選択肢がなかったので、フィーリングでこのケーブルをチョイス。

iVANKY 「USB-Cオス – DisplayPortオス」JPIVANKY-C34

Amazonに型番は「JPIVANKY-C34」と明記されているが、ググっても公式ページは引っかからない。

Amazonの記述を引用すると

【高解像度】最大表示解像度4K@60Hz(3840×2160@60Hz)に対応した驚異のビデオ画質を楽しめることができます。また、2160P、1080Pも対応しています。

と、ある。

 

まぁ、値段も手頃だし買ってみることに。

 

 

こんな感じで薄い箱で届く。

 

 

空けてみるとこんな感じ。一応日本語の記載もある。

 

 

18ヶ月保証という表記

 

 

「Input USB-C」「Output DisplayPort」「4K@60Hz」という表記。

 

 

USB-C側

 

 

Display Port側

 

 

安っぽさはありません。いい感じです。

マルチディスプレイ環境で試してみる

「Mac mini」のUSB-Cポートに接続している様子。

ナイロンのコードが今回のiVANKYケーブル

 

 

こっちが「U2720QM」に接続している様子

左から「HDMI」「DisplayPort」「USB-C」

問題なく動く

特段問題なく動きました。

 

MacMini から

1枚は「HDMI」

もう1枚は「DisplayPort」

 

という構成でマルチディスプレイ環境を構築していますが、問題なく表示できます。

チラツキや接続途切れなどもなく快適に表示できています。

これは良かった。良いケーブルでした。

まとめ

とりあえず「DisplayPortケーブル」を探して「iVANKY」のケーブルを買ってみたら

 

値段も安く正常に接続もできて良いケーブルでした。

 

メーカーが名もなきメーカーだと不安ですが、今回はあたりだったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました