【実情】テックエキスパート卒業2年後の現在の年収はこれぐらいです。

もうすぐ「テックエキスパート」を卒業して二年が経とうとしてる記念に書いてみます。

今に至るまで、「受託系開発会社」→「自社開発会社」
という2つの会社をWebエンジニア歴2年目ですが、経験してきました。

そんなこの頃、

「プログラミングスクールでプログラミングを学んで稼ぐ!」

みたいな広告をチラホラ見かけるようになって、色々思うことがあったので公開します。

スポンサーリンク

Webエンジニア2年目の年収

今現在の年収は360万円程です。

ちなみに1社目は「216万円」
現在の会社に入り「360万円」

という感じです。

年収の話になると、少し前には「WebCampPro」が年収400万以上保証を謳ったコースをやっていたり、「テックエキスパート」のHPでは以下のように表記されているページがあったりします。

なんだ、俺ってば「300時間の学習で転職した人」と大した年収の差がないな・・・??

スクール上がりの転職で年収が高い人の理由

プログラミングスクールからの「Webエンジニア」転職で年収が高い人はそれなりの理由が。

  1. 既に「社会人経験」をそれなりに積んでいる。
  2. 転職先で「前職の経験」が評価されている。

という条件を持った人は当然、スクール上がりの未経験エンジニアでも年収が高くなります
当然、会社の規模と勢いでも変わってきたりします。
スクールでの「学習時間」や「密度」なんてものは転職では、影響ないです。

自分は、というと「社会人経験」がない状態でスクールに入学しました。

「前職の経験を活かして転職した同期生」

と比較したら、200万円近い年収の差があったりしました。
何もない人は純粋に0からの勝負です。

Webエンジニアになったから稼げるわけではない

いや、多分勘違いしてる人はいないと思うけど、一応書きます。一応。

「Webエンジニアとして稼ぐ!」
という強い意志と行動力がある人に対しては、稼げる土壌があるっていう話。
年収を上げる行動をしないと特別な額の賃金なんて当然もらえないです。

現場に出て感じたことは、世間の「優秀なWebエンジニア」の数。
そういう人たちを押しのける知恵を絞った人が、更に上のランクに行ける世界です。

まとめ

何が言いたかったか、っていうと・・・

「プログラミングスクール」というプログラミングを教える環境が増えてきたことは好ましい事だと思うし、これからもどんどん広がってほしいとは思う。

ただ、安易に
「転職後すぐに年収アップ!」
「年収○○○万円保証!」
みたいな宣伝方針で安易に人を集め始めるスクールが増えていくと、不幸になる人もいるんじゃない?という意見でした。

おわり