レビュー

「BLUPOW SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器」がいい感じの光デジタル出力端子セレクターだった

やっとまともに使えてコスパの良い「光デジタル出力端子セレクター」が見つかりました。

 

その名も「BLUPOW SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器」

スポンサーリンク

「BLUPOW SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器」の購入経緯

PS4 Proを買ったんですが、このPS4 Proには光デジタル出力端子が付いています。

そして、いま自宅で使っているMac Miniの音声出力は光デジタルを使用しています。

Mac mini(2018)で光デジタル出力(SPDIF)を使うため「Signstek Audio USB-DAC」を導入した
Mac mini(2018)には光デジタル出力する端子が存在しません。 音声を出力する際には、HDMI経由でディスプレイのスピーカーを使うことになるはずで...

 

現状の自分の環境は「スピーカー1つ」に出力に対して「PC入力1つ」の構成でした。

しかし、PS4 Proの音声出力を現状のスピーカーで出すには2つの入力に対応させる必要があります。

 

つまり、切り替えが出来るようにするセレクターの導入が必要でした。

「BLUPOW SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器」

外箱

まずは外箱を見てみます。

 

 

 

裏はこんな感じ。

 

 

内容物

こんな感じ。ちなみに説明書は英語。

 

 

本体

金属製のボディです。

 

 

 

光デジタル入力は最大3つに対応しています。出力は一つです。

 

 

 

ランプが点灯してどの入力を使っているかが分かります。

 

 

 

使用した感じはこんな感じ。コンパクトです。

 

 

 

リモコンもバッチリ反応して切り替えできます。

 

なんでオススメ?

理由はただ一つ。以前ハズレを引いたから。

以前購入したセレクターはこちら。

 

 

一応リンク貼りましたが、このセレクターがまともに使えませんでした。

手動でトリガーを操作するタイプでしたが、

 

「反応がめちゃくちゃ悪い」

「突然音が途切れる」

 

こんな感じで散々でした。

 

それに比べると今回の商品は天と地の差です。

Amazonでも「光デジタル出力端子セレクター」の選択肢は少ないです。

日本メーカーは少なくもなく、中国メーカーの製品が主です。

 

その中でもこの商品は問題なく動作しており、不満もありません。

まとめ

とりあえず買ってよかった「BLUPOW SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器」

まともに動く「光デジタル出力端子セレクター」を探している方にはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました