スポンサーリンク
レビュー

Mac mini(2018)で光デジタル出力(SPDIF)を使うため「Signstek Audio USB-DAC」を導入した

Mac mini(2018)には光デジタル出力する端子が存在しません。

音声を出力する際には、HDMI経由でディスプレイのスピーカーを使うことになるはずです。

 

「ディスプレイはあくまで映像だけ移したい」

「音声は別の光デジタル入力に対応したスピーカーで鳴らしたい」

 

と、いうような使い方はそのままでは出来ません。

 

 

その場合は「USB-DAC」を使います。

PCのUSB端子に差し込んで音声を外部出力できるすごいやつです。

スポンサーリンク

Signstek Audio USB-DAC

amazonで一番手頃な価格の「USB-DAC」で調べるとこれが出てきました。

「Signstek Audio USB-DAC」

 

 

アナログRCA出力も可能。

 

 

光デジタル出力(SPDIF)はこちら。OPTICALとCOAXIAL対応。

 

 

Mac miniとこれをUSB接続するだけで、音声を光デジタル出力することが可能になります。

光デジタルケーブル(OPTICAL)

特にこだわりはないですが、今回はこのケーブルを買いました。

 

 

 

こんな感じ。特に問題はなし。

ちなみにスピーカーはローランドの「MA-20D」を使っています。

使ってみる

特に設定は必要ありません。USBで繋ぐだけで認識。

 

 

出力をUSB AUDIO DACにするだけ。

 

音質もそこそこいい感じです。

まとめ

以上2点を買うだけで「Mac mini(2018)でも簡単に光デジタル出力」が行えます。

 

ディスプレイのスピーカーを使いたくない!という人もこれで

「映像はHDMI」「音声は光デジタル」

という分配が可能になりました。

 

 

また、「SignstekのUSB-DAC」はバスパワーで駆動するので別途電源を用意する必要はありません。

「バスパワー駆動(電源内蔵)は音質が悪い」

という話もあるそうですが、そこまで拘る人でなければ問題ありません。

現状、特に不満もなく使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました