スポンサーリンク
仕事

プログラミングスクールを卒業して3年経って年収500万になった訳だけど

プログラミングスクールを卒業してWebエンジニアとして働いてから3年が経ちました。

正確に言うと働いてからは3年ですが、プログラミングスクールは卒業してからあと少しで4年経ちます。

 

ともあれ、気がついたら実務経験が3年になってました。

ともあれ、気がついたら就職1年目は年収216万円でしたが、3年目で倍になってました。

 

わー!すごーい!がんばったー!パチパチ

スポンサーリンク

おもったこと

他の色んな職種をちょっと見渡してみました。

「今のWebエンジニア」って一定レベルまで年収を上げたいのなら、手っ取り早い職種だなーという印象です。

他の職種で「実務経験3年の年収500万」となると結構ハードル高そうです。

と感じるのも「今のWebエンジニア」が売り手市場で、色々盛り上がってる界隈だからこそでしょうか。

 

 

しかし、この職種は「実務経験」とか「年収○○○万円」とかがパワーワードになりがちです。

特にプログラミングスクール界隈で育つと尚更。その傾向が強いです。

なんか知りませんが、ぼくも昔はそこに普遍的な価値があるものだと思いこんでました。

 

「実務経験3年で1人前!そこからは自分の好きなように動ける!」

「年収500万を稼ぐためには!どういった技術スタックを積んでいくのが必要か!」

 

みたいな。

 

でも実際のところは、実務経験の年数なんて良い意味でも悪い意味でも役に立たない。

年収もこれぐらいまでのレンジなら実力とかうんぬんより会社次第の割合が高い。

 

特に今の段階って、自分の実力よりも不確定要素が一番大きく影響している段階だと思ってます。

 

 

なので「ここまで」到達して思ったことは、

 

Webエンジニアになる前に思ってた時よりも特別に何か思うことがなかったなーという感じ。

 

考えてみれば、0点から50点まで点数を上げたような段階なので

「おーやっとここまで来たかー」みたいな。

「0点から50点」よりも「50点から100点」まで上げるほうが至難の業であるし、振り返ったときにまた違った感慨深さが出てくるのかなーと思ったりしています。

ひとまずそこを目指してまた頑張ってみます。

 

 

つまり、とりあえずここまで来た感想としては

 

わー!すごーい!がんばったー!パチパチ

 

ということになるわけです。

コメント

  1. 以前の記事で「転職後360万」というものがありましたが、それから140万もあがったんですね…
    更に転職されてないとしたらすごく評価を反映してくれる会社さんなんですね、すごいです

    • そうですね!転職はしてないので会社から評価をしていただいて上げてもらいました!

タイトルとURLをコピーしました