雑記

Mac miniのUSBポートはType-Aが「USB3.1 Gen1」でType-Cが「USB 3.1 Gen2」

いつも忘れるので備忘録として。
https://support.apple.com/kb/SP782?locale=ja_JP

USB機器はまだまだ色々な所で使われていて、使用する度にPC側の対応している規格をチェックして対応したりします。
それもこれも規格がよく分からないほど紛らわしいせい。ということでちゃんと調べてみていきます。

スポンサーリンク

Mac mini(2018) Type-Aポート

Type-Aポートは2つあります。
こちらの対応している規格は「USB3.1 Gen1」

データ転送電力供給
最大 5 Gbps最大 900 mA (5V)

Mac mini(2018) Type-Cポート

Type-Cポートは4つあります。
こちらの対応している規格は「USB3.1 Gen2」

データ転送電力供給
最大 10 Gbps最大 15W (5V)

理論上は「USB3.1 Gen2」が対応出来る最大の規格

USBハブ等買うときは、Type-Cのポートを利用すれば「USB3.1 Gen2」の規格で動かすことが出来る。
また、Type-Aの場合は「USB3.1 Gen1」となるので2つのポートの違いに注意する。

もちろんこの画像のように下位の規格のハブを使ったりしても速度は落ちるが動かすことが出来る。

まとめ

USBの規格に注目した結果はこんな感じ。

また、Mac mini(2018)のUSBType-Cポートは「Thunderbolt3」対応でもあります。

つまり「Thunderbolt3」の規格にあった物を使えば、理論値として最大40Gb/sというUSB3.1 Gen2の4倍のスピードで使用することが出来ます。

 

これらを踏まえてUSB機器を買うといいはずです。ぱっと見よく分かりづらいので間違えないことに注意する。

こっちはThunderbolt3対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました