技術関係

MacBookとかMac miniとかで「データの初期化・完全削除」をやるためにしなきゃいけないこと

macを譲渡や売却するときに一番気になるのがSSDの中身が完全消去できるか、ということ。

HDDだと色々データ流出等を考える必要があるというのはすでに知られてますが、macのリセットオプションである「すべてのコンテンツと設定を消去」は果たしてデータを完全削除してくれるのか?それとも復元ソフトを使えばSSDのデータの中身は復元できるのか。

さっそくmac mini(2018)でのデータ消去を試してみましょう。ちなみにFileVaultは使用していない環境です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

mac 譲渡時のデータ初期化方法

今回のmacの初期化は下記の記事を参考にした。

Macを売却/下取り/譲渡するときの正しい初期化手順 / PC Watch

Apple T2セキュリティチップを搭載したmac、かつmacOS Monterey以降のOSの場合は

  • Apple Careの保証の移行・解約
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」

この2つを操作すれば「macのデータは初期化」されるとのこと。何も考えずにmacの機能を使えばいいだけ。簡単。

というわけで「すべてのコンテンツと設定を消去」でデータをリセット。

一応、Appleの公式にも同じ事は書かれている。

Mac を売却、譲渡、下取り、リサイクルする前にやっておくべきこと / Apple

EaseUS Data Recovery Wizard Pro を使ってmacのデータ復元を試みる

これで初期化とデータリセットは済みました。気になるのはこれだけでいいの?ということでしょう。

まだデータ復元出来るんじゃないの?という疑問が残ります。

ということで以前データ復旧でお世話になった有料版「EaseUS Data Recovery Wizard Pro」を再度引っ張り出してきて初期化したmacのデータ復元を試してみます。

その時の記事はこれ

SDカードが壊れたので復元ソフトを比較検証。一番良かった「EaseUS Data Recovery Wizard」に課金して復旧してみることに
ぶっ壊れた経緯は以下。 Macのソフトウェアアップデートをしたら接続していたSDカードが壊れて認識しなくなった とりあえずSDカードのデータを急いで復旧させたい...

 

手順は

  • 初期化してから
  • 再度macをセットアップ
  • すぐにEaseUS Data Recovery Wizard Proをインストール

といった感じ。

mac のSSDをスキャンする

さっそく起動してディスクの失われたファイルを検索してみます。

 

 

512GBのSSDでしたがそこそこスキャン時間はかかります。時間に余裕があるときにやりましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro スキャン結果

ひとまずスキャンが終わりました。初期化前は500GBにパンパンに入ってたSSDですが、スキャン結果は

4828ファイル(合計1.29GB)とあります。全然引っ掛かりませんね。

 

 

画像ファイルのプレビューも見てみます。なんやら初期のプリセット的画像しか引っ掛かりません。

初期化前に存在した画像ファイルは1個たりとも見当たりませんでした。ファイル名の残骸すらありません。

スキャン結果からわかること

  • ディレクトリ構造すら正確に復元することは出来ていません。

ということは当然ファイルも復元することは難しそうです。

元々SSDのファイルの復元は難しいと言われていますが、T2セキュリティチップ搭載が輪をかけて復元を難しくしてそうです。

macでゴミ箱から削除したファイルは復元できる?

上記の結果からT2セキュリティチップ+SSDの組み合わせで初期化すると復元が厳しいことはわかりました。

じゃあ、単純にゴミ箱から削除したファイルは復元ソフトで復元できるか試してみます。

まずは削除するファイルを3つ用意しました。

 

 

これを削除してゴミ箱から削除します。

 

スキャン結果

ゴミ箱から削除後すぐにスキャンを開始します。

結果は・・・

1774ファイル 合計209.99MB

しか見つかりません。最初のスキャンからどんどん引っかかるファイルが少なくなっています。

 

そして

今回の実験台の

  • 「削除画像.jpeg」
  • 「削除動画.mp4」
  • 「削除ファイル.dmg」

の3ファイルはスキャンされませんでした。なるほど、そういうことですか。

従来のWindowsPCでゴミ箱から削除したファイルを復元 とは話が違うほど復元が難しくなってます。

また、SSDのTrim機能の影響があるのかどうか、ファイル自体も時間が経つに連れどんどん検出できる数は減っています。

まとめ

最近のMac(SSD+T2セキュリティチップ)でのデータ初期化・削除は

「すべてのコンテンツと設定を消去」だけで十分ではないか

という結果でした。

 

HDDで「ゴミ箱から削除した」「クイックフォーマットだけした」的な状態とは比べ物にならないほど復元難易度が上がっていて、素人が強力な復元ソフトを試してもデータを復元することは不可能だと思ったほうが良さそう。

 

もちろん下記の記事で行っているようなsecure eraseコマンドで念には念をということは可能ですが、最近のmacで考えると労力の割には必要なくなってきている、と個人的に感じた。

Macを譲渡・売却のためにSSDを完全消去する

コメント

タイトルとURLをコピーしました