スポンサーリンク
雑記

「SONY WI-C600N」を無償修理に出したら新品になって戻ってきた

「SONY WI-C600N」ネックバンド型ワイヤレスイヤホンは買って正解だった。
SONYのワイヤレスイヤホン「WI-C600N」を買ってみました。 このイヤホンのアピールポイントは 「ネックバンド型」 「ノイズキャ...

ちょうど1年前に買ったイヤホンの調子が悪くなりました。

 

「なんだか音が籠もって聞こえる・・・」

 

「あれ?もしかしたらまだ保証期間内なのでは?」

 

「よし、修理に出そう!」

スポンサーリンク

引取修理

修理受付店での「持ち込み修理」と「引取修理」の2つがありましたが、

持ち込み修理は手間がかかるので断念。

 

下記URLから引取修理を申し込みました。
https://www.sony.jp/support/repair/repair_price_online.html

 

進めていくと料金表示など出てきますが、臆してはいけません。

保証期間内なので無償で修理してもらいましょう。

 

住所など情報を入力した後、引取時間を指定すれば完了です。

あとはその日に集荷に来るのを待つだけです。

引取修理の集荷が来る

用意するのは以下の2点

 

  • 保証書(購入日が明記されているもの)
  • 故障しているイヤホン本体

Amazonで購入したので保証書はAmazonの購入履歴から印刷しておきました。

また、イヤホン本体も「梱包する必要がありません」

 

保証書の紙と本体をそのまま集荷に来た業者の方に渡すだけです。

 

なんと簡単なことでしょう!

修理状況確認

修理状況はWebから確認できます。

 

3月22日に申し込みをして3月24日に集荷。

 

 

修理は1日で済み、26日に出荷されました。

新品に交換されて返ってきた

ソニーから返送されてきました。

 

 

厳重に包まれてます。

 

 

開けて詳細を確認してみる。どうやら交換されたようです。

 

 

請求額も0円

 

 

新しくなって返ってきた「WI-C600N」

 

すべてのイヤーピースも付属して新しくなってました。

 

う〜ん、修理に出して良かった!

まとめ

ネットの情報だと引取修理だと無償でも有償でも「送料がかかる」という話もありました。

が、今回の保証期間内(購入後1年)の場合、「すべて無料」で行うことが出来ました。

 

 

そして集荷から戻ってくるまでわずか「4日」というスピード感

 

 

素晴らしい・・・

今度イヤホンを買い換えるときもまたソニーを選ぶことにしよう。

その時は上位機種「WI-1000XM2」を買おう・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました