スポンサーリンク
レビュー

「Logicool K780 Multi-Device Bluetooth Keyboard」をMac mini 用に買ってみた

Macminiで使うキーボードがない・・・!

 

Macユーザでも使えるいい感じのキーボードを探さないと・・・!

 

と、いうわけで・・・

 

Logicoolのワイヤレスキーボード、「K780」を買ってみました。

 

 

これが値段も手頃でそこそこいい感じに使えます。

スポンサーリンク

買うといい人

  • Macで使うキーボードが欲しい人、Mac Miniを買ったからキーボードが欲しい人
  • 「Magic Keyboard」は嫌な人
  • 「Happy Hacking Keyboard」みたいなのも抵抗がある人
  • 実際に店頭で試して「K780」の打感が気に入った人
  • Windowsマシンとも接続したい人
  • LogicoolのMX Keysシリーズが高すぎて手を出しづらい人

ロジクール「K780」の外観

横から見るとこんな感じ。

スマホやタブレット用のスタンドが存在感ありますね。

 

 

乾電池で動きます。

 

 

裏面を見て分かると思いますが、真っ平らです。

残念ながら傾斜を付けることは出来ません。これはかなりマイナスポイント。

しかし・・・

 

JOBSONが使える

MacBookと「JOBSONのPC冷却スタンド」の相性が攻守最強だと思う
購入してからかれこれ2年以上経ちますが、めちゃくちゃ便利で愛用してます。 それは、 少し丸みを帯びた可愛い物体・・・。 これが「JOB...

以前紹介した「JOBSONのスタンド」がバッチリ使えちゃったんです。

 

 

ちょうどいい感じに置くと、こうなる。

グラつきもなく最高にフィットします。

 

「k780」使うなら必須レベルです。

スタンド機能はおまけ

「k780」で目を引くのがスマホ・タブレット用のスタンドです。

が、自分は正直そんなに使っていません。あくまでオマケです。

 

 

ちなみに、XperiaXZ2 Premiumのような分厚いスマホでも立てることが可能です。

 

キーボードの仕様

ペアリングは3台接続でき、「F1」,「F2」「F3」がそれぞれ割り当てられています。

WindowsとMacの両方で使えるようにキー配置も調整されています。

 

Macユーザ的観点から見ると?

画像を見て分かる通り、Windowsユーザも使える設計です。

 

 

そのため、「半角/全角キー」がMacユーザ的には不要で邪魔に感じます。

また、「Ctrlキー」が左下に位置しています。

 

使いづらいため、自分は設定で「caps lock」と入れ替えたを変更しています。

 

ともあれ、全体的にMacユーザが使う分には違和感のないキーボードになってます。

デメリット

Amazonのレビューでも指摘がある通り、ファンクションキーの切り替えが物理的に出来ません。

 

 

標準のファンクションキーとして使うにはシステム上から変更する必要があります。

 

また、システム上で切り替えているため、しばらく放置後の1打目はファンクションキーが効かなかったりします。

ここはちょっと不便。

 

といえどそこまで言うほどではないかな、という程度。

Amazonレビューとかで鬼のように批判するようなものではないです。

だって使用頻度が低いもん。

メリット

1ボタンで複数マシンのペアリングが切り替えられるスムーズさはなんと言っても魅力。

また、MX Keysと呼ばれるシリーズと比べると打感は全く異なります。

結構好みが分かれるかもしれません。ただ値段が全く違います。

 

「キーの形」と「キーの配置」が特徴的で

「丸いキー」と「少し間隔が離れているキー配置」

 

が最初は取っ付きにくく、操作しづらい感じがありました。

が、これが意外とキーが打ちやすくていい感じです。

まとめ

とにかく値段の手頃さがウリです。

この値段でこの機能があれば特に文句は付けません。

 

また、MK Keysシリーズとは違った打感も特徴です。

小気味いい感じの打感で、とても打ちやすい。

 

2万近くするMX Keysを無理して買うならこっちを買ってみるのもありです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました