「SONY WI-C600N」ネックバンド型ワイヤレスイヤホンは買って正解だった。

SONYのワイヤレスイヤホン「WI-C600N」を買ってみました。

このイヤホンのアピールポイントは

「ネックバンド型」

「ノイズキャンセリング搭載」

「値段の安さ」

この3点に尽きます。

上記に重点を置いたレビューをしながら、紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

  • BlueTooth:  BlueTooth4.2
  • 対応コーデック:SBC, AAC, aptX
  • 連続再生時間: 最大6.5時間(ノイズキャンセリング ON時)
  • 重量:     約34g
  • 充電方法:   USB-TypeC
  • 発売日:    2019年 1月26日

WI-C600N開封

箱を開けるとこんな感じです。至って普通です。
付属品は写ってませんが、MicroUSB-TypeCケーブル1本、イヤーピース、説明書でした。

本体はこんな感じです。
首にかける部分はラバーで覆われており、軽く曲げての収納も自由が効きます。

こんな形状で収納出来たりするのは便利。
ただ完全に折り曲げられる、とまではいかない。

イヤホン部分にマグネットが付いており、コードが絡まないように出来ます。
ちなみに分かりにくいですが、マイクもこの部分にあります。

くっつけるとこんな感じ。

充電は「MicroUSB-TypeC」なのも地味に嬉しい。

ノイズキャンセリング機能。
電源を入れると自動でONになるので、何か設定が必要なければ弄ることはなさそう。

ペアリングや各種機能のコントロールが出来る「headphones connect」という専用アプリもある。

オススメポイント

「ネックバンド型」

「AirPods」のような独立した完全ワイヤレス型は選択肢から外しました。
と、言うのも使用想定が頻繁に付け外しを行う前提だったためです。

ネックバンド型イヤホンの最大の利点は

「首からぶらさげて気軽に脱装着が出来る」

という点に尽きます。

ここにメリットを感じる人はネックバンド型がオススメです。
また、通常の有線イヤホンのようなコードに引っ張られて耳が痛くなるような事もないです。

収納性もよく、気軽にイヤホンを持ち歩きたい人には相性がいいです。

「ノイズキャンセリング搭載」

地味にあったら嬉しい機能の一つ、ノイズキャンセリング機能

実際に使ってみた感想としては「ああ、確かに効いてるかな」というレベルの体感です。

残念ながら、驚くほどすごい効き目ではない事は確かです。
上位機種(?)のWI-1000Xに比べると劣るというレビューも仕方ないと思います。

むしろ、アピールポイントとしては

本体の取り回しのし易さ + (最低限の)ノイズキャンセリング機能が付いている

というオールマイティーな点が売りだと思います。

「値段の安さ」

なんと言ってもその安さ。

今回はAmazonで購入しましたが、ほぼ1万円という値段で購入出来ました。

SONYの「WI-1000X」と比較すると3万円近くと、約3倍の値段に膨れ上がります。

この値段は十分アピールポイントになると思います。

SoundPEATS Q1000とWI-C600Nの比較

以前使っていたSoundPEATS Q1000と比較してみます。
通話用にSound PEATS Q1000 Bluetoothイヤホンを買った

サイズ的には変わりはありませんが、WI-C600Nの方が厚みがある感じです。

こんな感じで厚みが違う。

値段的に言うと、「Q1000」が2000円、「WI-C600N」が10000円なので、5倍の差。

音質の比較

詳細な音質のレビューは他所に任せるとして、率直な感想をひとつだけ。

「WI-C600N」の方が「聴き疲れしないバランスの取れた音」

マイクの比較

「WI-C600N」はマイクがイヤホン部分にあるものの、ちゃんと音を拾ってくれます。

ハンズフリー通話も問題なく出来るレベルの音質と音量を確保できています。
ココらへんはやはり「SONY」という所か。

ちなみに「Q1000」は残念ながらマイクの質がイマイチでした。

ペアリングの比較

地味に気になるペアリング。

特にマルチペアリングを使用していると、ペアリングのスムーズさが重要です。

「Q1000」だと中々検出出来ない事もありました。
「WI-C600N」だとスムーズにペアリングの切り替えも出来てストレスは今の所なし。

まとめ

ノイズキャンセリング機能が最重要ならば、「WI-1000X」やヘッドホンタイプを選ぶもよし。

ネックバンド型のメリットを感じなければ、「AirPods」のような完全分離型を選ぶもよし。

今回は

「ネックバンド型」「ノイズキャンセリング搭載」「安い」

を求めて買いましたが、この値段でこの機能があれば、普段使いとして不満はありません。
ニーズも満たせて正解な買い物でした。

おわり