仕事のこと

本気で残業しないで働いた1年間の勤怠記録

巷の求人広告でよく見かける

 

「残業少なめ!(月20時間ほど)」

 

みたいな謳い文句を見ると「少なめってなんだ・・・?」と思ったりしませんか?

思わない・・・?自分は思います。

 

とはいえ、労働時間と残業時間はあくまで指標にすぎないです。
コンテキストによって全く見せる顔が違ってくるので取り扱いには注意します。

働く時間に関して言うと、環境や立場を踏まえつつ個々の考えで自由に働けるのが理想だとは思います。

 

自分のこの1年間の考えは「とにかく働く時間を短くしたい」という一心だったので、ここに記録として残しておきます。

本気で残業しないように働いた2019年10月から2020年9月までの1年間の勤怠記録です

スポンサーリンク

2019.10~2020.9 残業時間合計

結果発表。

 

1年間の合計残業時間 4時間18分

月換算 約20分(258/12 = 21.5)の残業

1ヶ月の残業時間平均が30分を切ることができました。やったね!

 

続いて残業時間の内訳です。特に面白くはないので物好きな方は見てみてください。

2019年10月

欠勤したので記録上はマイナスになってます。

ややこしいので0分扱いにします。

合計 0分

2019年11月

残業44分

残業合計 44分

2019年12月

残業38分

残業合計 1時間22分

2020年1月

残業1時間17分。初の1時間超え。

残業合計 2時間39分

2020年2月

残業15分

残業合計 2時間54分

2020年3月

残業17分

残業合計 3時間11分

2019年4月

残業37分

残業合計 3時間48分

2019年5月

残業1分

残業合計 3時間49分

2019年6月

残業10分

残業合計 3時間59分

2019年7月

残業11分

残業合計 4時間10分

2019年8月

残業8分

残業合計 4時間18分

2019年9月

残業0分

残業合計 4時間18分

まとめ

社会人になってから1年目は年10時間程。2年目は年15時間程。

社会人3年目の今回は年4時間程でした。

 

ちなみに残業時間の大小だけではWebエンジニアとしての能力は測れません。

駆け出しエンジニアの皆さんは騙されないように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました